清山配水池(せいやまはいすいち)



林浄水場で作られた水を送水管(φ600m/m、φ450m/m)で清山配水池へ送り、
ここから清山の高さを利用して自然流下で市内全域に配水しています。

写真上段左側が現在新築しているSUS製タンク2池、
真ん中にあるのが分水井と展望台(写真下段右)です。
ステンレス製タンク  容量 6,000m3×2池  12,000m3

展望台  高さ 19m

写真上段右側の地中に現在使用中のRC製配水池が3池あります。

鉄筋コンクリート  容量 5,000m3×3池  15,000m3  最高水面水位 59m 

総合計最大保有水量27,000m3






新築中の配水タンク展望台からの眺めです。

東側に見える、象鼻ヶ岬をはじめ、虹ヶ浜海岸、市民ホールなど
約270度のパノラマで市内が見渡せます。

戻る